手をつなごう
手をつなごう (JUGEMレビュー »)
そら
大切な人へ想いを届ける、幸せの茶色いクマ「プロポーズベア」待望の絵本第一弾

ノースベースホームページ佐田 慎介ブログ

 

*しろくまくんtwitter*

*くろくまくんtwitter*

ありがとう。



スノードームみたいな真っ白な雪降る街で
私は生まれた。







先にお姉ちゃんが生まれていたから、

私は生まれた時から、

妹だった。






何年かすると、弟のひろくんが生まれた。

私は妹であり、
お姉ちゃんにもなった。





兄弟が3人もいるから、何でも急いで食べないと

なくなってしまうと思っていた。




私の膝小僧には、いつも転んですり傷があったし、
弟のひろくんのほっぺは赤かった。
そして、
姉ちゃんはすましている事が多かった。





それから












お父さんの、アフロヘアの意味は分からなかったけど




私はそういう事をあまり気にせず、
運動会だって熱心に取り組む性格だった。



でも私の投げた球が、
あの網に入った感触は一度もなかったし



だいたいが
ビリから2番目か3番目だった。



でも





そんな私の夢は



「絵描き」だった。



誰も私が夢を追い続けると思っていなかったし、
私には叶えられっこないって思われてるのも知っていた。
第一、私自身が思ってなかったから。





今日は感謝を書きたいです。


私の出会ってきたすべての人と、
出会った事はないけれど私の作品を見かけてくれたすべての人に
本当に感謝しています。



お父さん、お母さん、


私のお父さんとお母さんでいてくれてありがとう。


お姉ちゃん、

私のお姉ちゃんで生まれてくれてありがとう。


ひろくん、

弟でいてくれてありがとう。















そらより