手をつなごう
手をつなごう (JUGEMレビュー »)
そら
大切な人へ想いを届ける、幸せの茶色いクマ「プロポーズベア」待望の絵本第一弾

ノースベースホームページ佐田 慎介ブログ

 

*しろくまくんtwitter*

*くろくまくんtwitter*

ありがとうございました(^ー^)





横浜の蔦屋書店港北ミナモ店・キッズコーナーでの読み聞かせイベント♪
可愛いちびっこ達を見ると、ほんとにいつも心がワクワクします(^ー^)
今回は横浜で初めての読み聞かせでした(^^)
横浜は。。。

セレブなお母さん達がいっぱいでした♪



ゴールデンウイーク明けの、しかも朝から

本当にありがとうございました!
こども達は朝からほんとに元気♪

私の夢だったお姉ちゃんの子供に読み聞かせをする夢もこの日に叶いました(^ー^)

私は、横浜にお姉ちゃんと一緒に住んでいた事がありました。

その頃、私もお姉ちゃんも、いっぱい色んな事考えて、
色んな不安もあって、色んな壁も一緒に
乗り越えた時期がありました。


そんなお姉ちゃんも、

今は、可愛い赤ちゃんが生まれて、

でも生まれた時は早産で2ヶ月も早く生まれてしまって、

当時、甥っ子のりゅうくんは、

体中に管を通して、とってもとっても小さな体で息をしてました。



今、1歳も過ぎて、体も順調に大きくなって、

初めて立った時も、歩き始めたも、

お姉ちゃんからメールで動画が届いてその度に保育器に入って小さかった姿を思い出して

熱いものがこみあげました。

出産当時はお姉ちゃんも、お腹を切って動けなくて、
赤ちゃんに会いたくても遠くの病院に移されて、
兄ちゃん(旦那さん)が、忙しい仕事の毎日の中で一生懸命病院を行き来して、
カプセルに入って体に管を通してるりゅうくんの姿を動画で送ってくれて、
「こんな小さい体で頑張ってます。僕も頑張らないといけない。」
ってメールが来て号泣した。

駆けつけた時も、
自分の出来る事の小ささに、
自分で自分にくやしさもあったりしました。

ただそばにいたり、
ただ声を聞いたり、
ただ一緒に過ごすだけでも、

人はお互いにあったかくなれるんだって事も、

今回横浜に来て、みんなで過ごして思いました。



そんな甥っ子のりゅうくんや、姉ちゃんや、兄ちゃんに

絵本の読み聞かせを出来た事、


思い出のいっぱい詰まった、

横浜でイベントが出来た事。



私の中では、今回の事がとても大切な時間になりました。



読み聞かせに来てくれた可愛いこども達と、素敵なお母さん、お父さん、
そして横浜の皆さん、兄ちゃん、姉ちゃん、りゅうくん、
本当にありがとうございました(^ー^)

そして横浜スターバックスコーヒー、蔦屋書店港北ミナモ店の店長さん、スタッフの皆さん
本当にありがとうございました(^^)

これからも、地道に頑張っていきます(^0^)





りゅうくんのお友達♪くろくまくんをだっこしてくれました(^^)








横浜からそらより(^ー^)



って、ここでの仕事はまだまだこれからですw

--------------------------------------------------------------------




HP




紹介ページ



夢をみるこども達へ贈る絵本「ほしをつかまえたおうじ」作・絵 そら




恋をしたことのあるすべての人へ贈る絵本。ギフト絵本「赤い糸」CM
作・絵 そら




キャラクターインタビュー記事>