手をつなごう
手をつなごう (JUGEMレビュー »)
そら
大切な人へ想いを届ける、幸せの茶色いクマ「プロポーズベア」待望の絵本第一弾

ノースベースホームページ佐田 慎介ブログ

 

*しろくまくんtwitter*

*くろくまくんtwitter*

絵のお悩み相談「色鉛筆だと上手く描けて、水彩だと描けない」


 イベントの時にお子さんから頂いていた絵のお悩み、

時間がなくてゆっくり答えられなかったので
(実践じゃなきゃ説明しにくい部分もあり)

こちらに回答させていただきますね。^^


Q「色鉛筆だとうまく描けるのに、水彩画になるとうまくいきません。
どうすれば上手になれますか?」



A 私は独学なので、独自の見解にはなりますが、

色鉛筆は基本的には「線」で描き

水彩絵の具は「水」で描きます。





これは水泳で言うと、「クロール」や「バタフライ」くらい違う物で、

同じ「泳ぐ」、「描く」でも手法が違えば、

描く人の得意不得意が出てきます。


今回の場合は、徐々に水彩絵の具に慣らしていった方が、

絵を描く事にあまり悩まずに水彩絵の具に取り組めると思います。


方法としては、

まず、鉛筆や、色鉛筆、耐水性のペンなどで、

得意の線画でものの線や影の一部を描き、


最後の仕上げとして、水彩絵の具で影として色を足すのがおすすめです。


最初はカラーが難しいと思いますので、

水彩の特徴(水で描く)を掴む為にも


モノクロなどで描く事をオススメします。



そのうちになれて来たら、色をカラフルにして行けると思います。




ぞうさんは去年仕事のラフで使用したもので、
プーケットに行って乗ったゾウさんです^ー^



ぞうさんかわいかった〜〜〜^^



それでは、こんなんで参考になりましたでしょうか?


では、制作中にて、これにて





^ー^